TEL:03-5494-1413
東京都世田谷区砧 6-13-6 ジベ 3-101
 

歯科治療

大切なご家族と長く健康な身体で暮らせるように

大切なご家族と長く健康な身体で暮らせるように

歯周病は心臓病や腎臓病など全身疾患の原因になります。
大切なご家族と長く健康な身体で過ごすためにも、早期の歯科治療と、正しいケアを心がけましょう。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、犬や猫の口の中で多くみられます。
成犬・成猫のほとんどが歯周病を持っていると言われています。
日常の食事により歯垢となります。
歯垢の細菌が毒素となり、炎症が起きて歯肉炎となります。
これを放っておくと歯肉以外の歯周組織にも炎症がおよびます。
これを歯周炎といいます。
これらを総称したものを歯周病と呼びます。

歯周病を放っておくと

歯周病を放っておくと

歯周病は、放っておくと様々な症状となって現れます。

・歯が折れたことで歯の神経がむき出しになり、歯の根っこ部分が感染し膿がたまる状態の“根尖部膿瘍”(こんせんのうよう)
・根尖部膿瘍ができ、逃げ場のなくなった膿が歯茎に穴をあける“内歯瘻”(ないしろう)
・さらに症状が進み、顔の骨が溶けて皮膚まで穴が空いてしまった状態の“外歯瘻”(がいしろう)
・歯の根っこ部分の炎症により、骨が溶けて鼻の中に穴が空いた“口鼻瘻管”(こうびろうかん)
・歯周病が進むことによって骨が溶けて薄くなり、衝撃で骨折する“破折”(はせつ)

このように症状が進み重症化する前に、普段のオーナー様のケアが大切になります。

歯周病になってしまったら

歯周病になってしまったら

歯周病になってしまったり、上記のような心配があったら、診療の必要があります。
どのような治療を行うかは、歯周病の進行具合などによってオーナー様とご相談の上、決めていきます。
不安要素や細かな症状など、私たち獣医師に何なりとご相談ください。
当院では超音波のスケーラーを用いて、歯石除去を実施した後、歯肉炎の患部に炭酸ガスレーザーを照射します。 そうする事で、歯肉の修復と細菌感染の抑制ができるので、歯周病の早期回復が可能となります。
歯石除去を実施した後、歯磨きなどのケアをしっかりやっていきましょう。

日頃のケア

日頃のケア

「歯周病にならない。」これが理想です。
そのためには日ごろの歯のケアが最も重要で効果的です。
どのようにして歯みがきをするか、どうすればケアが長続きできるか、当院にご相談ください。
(ペットショップにあるいわゆる“歯みがき”するグッズなどには注意が必要です。)

当院では、ペット用の歯ブラシや歯磨きペーストなど様々なケア用品を各種取り揃えています。
大切な家族のお口の匂いや歯茎の赤みが気になったら、ご相談ください。
その子に最適な歯科ケアをご提案いたします。

お問い合わせ

診療時間帯
9:00~12:00

13:00~16:00
16:00~19:00
※診察最終受付時間は18:00まで

・・・診療時間 ・・・薬湯時間・手術時間
※祝日は午前10時〜12時まで(木・日曜日以外)

TEL:03-5494-1413

東京都世田谷区砧 6-13-6 ジベ 3-101